手帳 ダイアリー デザイン雑貨 文具 生活雑貨 衣料小物(帽子・バック)等の販売

手帳 ダイアリー カレンダー 雑貨・文具の通販 irodori(イロドリ)| 福島県福島市

024-529-7761

トップページ > ブログ > CHARKHA(チャルカ)第2弾

サイト内検索

イベントのお知らせ

irodori 10th Anniversary 『樽木栄一郎 SOLO LIVE』

開催日:3月 1日(日)
場所 :irodori店内
時間 :開場18:30
    開演19:00
料金:¥2,500(フリードリンク付き)

予約:店内収容人数に限りあり
下記のリンクより事前予約をおススメ致します。
irodoriホームページ「お問い合わせ」より
TEL 024-529-7761

おまけ:10周年irodoriオリジナルノベルティプレゼント

 

インスタはじめました!

LikeBox

今月のお休み

3月店休日

3月は休まず営業します!

営業時間変更
3/20~3/31 10:00~19:00
この期間は通常より1時間早めにオープンしております!

その他、急遽、店休日、営業時間の変更等はブログ、FBにてお知らせ致しますね~

irodori(イロドリ)

〒960-0112(地図を見る
福島市南矢野目字鼓田3-1
TEL&FAX 024-529-7761
E-mail info@irodori-net.com
営業時間 11:00~19:00
定休日 不定休
駐車場 5台
(お店建物の左側にある駐車スペースNo1~5)

※建物外壁の白いフェンス以外は当店の敷地ではありません。
お隣の「あおば薬局」様へは絶対に駐車しないで下さい

それと敷地内駐車場、建物側No.1~5以外(いちかわクリニック側)2台分のスペースには絶対に駐車しないで下さい
2台分所有者に不法駐車として警察へ通報され、その上、罰金&レッカー移動させられてしまいます。

駐車場内の事故、トラブル等に関して、当店は一切責任を負いかねます。

公共機関アクセス
≪路線バス≫ 福島駅東口より
「信夫山循環13号線先回り」
バス停 「向原」

Likebox

アーカイブ

最近のコメント

CHARKHA(チャルカ)第2弾

こんにちはirodori店主です(^o^)
昨日のご紹介したCHARKHA(チャルカ)ですが、実はまだまだご紹介したいのがありますので、その他のアイテムもご紹介します。
最近のブログは文面が長いとある方に言われたのですが、確かに携帯からご覧いただいてる方にとっては長いかも??(笑)
気長にお付き合い下さい(笑)

では本日のご紹介アイテムです。


ICO社ボールペン
¥630

金属部分にはICO社の刻印。

ハンガリーの筆記具メーカー、ICO社のボールペン。すでに廃盤になった商品ですが、チャルカのリクエストで限定復刻。オールドファッションながらモダンなデザインは、飽きのこないカタチ。使うときは頭の赤い部分をノック。仕舞うときはクリップの上の赤い部分をノック。東欧のボールペンは、ブルーのインクが基本。


ダブルデッカーノート
¥1155

中身は2段

ブルーは留めゴムの色が違います。

ノートの上下がバラバラに使える2階建てノート。2つのテーマのアイデア帳やスクラップ帳に。リング綴じなのでちぎってメモ書きにしても。ゴムの色は一冊ずつ違います。表紙の箔押しは銀色。ハンガリー語で「ドゥプラ フュゼト」。ダブルのノートという意味です。


チェコの動物柄ノート

12mm幅の横罫入り。

チェコの小学生が使っているA5学習ノート。表紙から想像するに、りす先生の算数の授業とふくろう先生の国語の授業のようです。


グラシンコレクターズファイル
¥998

この透け感がグラシン紙の魔法。特別なものがさらに特別感を増すから不思議。

中身が、落ちないように、ひもをまわして保管。多少ぶ厚くなっても、ぐるぐるっとひもを渡せばひとまとめにできます。

ポストカード、切手シート、チケット、ショップカードなど、大切なコレクションを収納するために生まれたファイルです。グラシン紙越しに透けて見えるコレクションは、美しさ倍増。一冊ずつ丁寧に手で綴じられています。タイトルは『私が集めたもの』という意味のハンガリー語。集めているものの数だけほしくなる、チャルカの定番商品です。


ヤナタさんの
中とじノートブック
¥1680

大きな丸い穴が
並んだミシン目。

中紙は、もちろん再生紙。
裏表のニュアンスが違います。

手製本ひと筋の職人、ヤナタ氏の工房には、年代物の製本機械もたくさん。その中のひとつが、丸い穴のミシン目をあけるマシン。この切手のような丸いミシン目を溺愛しているチャルカさんは、ずいぶん日本で機械を探したそうです…ヤナタ氏の工房でマシンを見つけたときは、それはそれは感激だったそうです。

“ CHARKHA(チャルカ)第2弾 ”にはまだコメントがありません

コメントをどうぞ





ページの先頭へ